安らかに眠れるような葬儀

好きだった曲を流そう

音楽が好きで、生前よく聞いていた人がいると思います。
その人の葬儀は、音楽を流しながら進めると良いですね。
すると故人が楽しく、安らかに眠れると思います。
葬儀中に音楽を流すのは、ルール違反ではないかと思う人もいるでしょう。
しかし最近は故人の遺志や、安らかに眠れることを尊重しています。

音楽を流しても良いので、好きな曲を集めてください。
1曲だけではずっと同じ曲が流れて楽しくないので、いくつか用意しましょう。
明るい曲でも構いません。
みんなが笑顔で見送ることで、故人も安心して逝けるでしょう。
トラブルを避けるために、故人の遺志を尊重した葬儀にしていると参列者に前もって伝えておきましょう。
何も知らない人はビックリするかもしれません。

飲み物や食べ物の選択

仏壇に、食べ物や飲み物を供えると思います。
これまでは水と果物などと決まっていましたが、最近は故人が好きだったものを供えることが多いです。
お菓子が好きな人は、お気に入りのお菓子を供えましょう。
お酒が好きだった人は、それでも構いません。
お寺で葬儀をする場合は、住職に故人の好きだったものを供えたいという気持ちを伝えてください。

気持ちが伝われば、住職も許してくれるでしょう。
供えたいものを渡せば、お寺の住職たちが仏壇に飾ってくれます。
しかしお寺によっては、生ものはダメなどルールが決まっています。
葬儀を実施するお寺が決まったら、備えてはいけないものを聞きましょう。
格式にこだわる必要はありませんが、ルールは守ってください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る