小規模な葬儀を希望している

家族葬の特徴を把握しよう

みなさんは、家族葬という葬儀がどのようなものか知っていますか。
通常の葬儀は、家族や親戚以外の知り合いも呼びます。
しかし家族葬は、身内以外は参列できません。
非常に小規模な葬儀になります。
故人の持っているお金が少なくて、低予算でも実施できる葬儀が良いと遺言を遺した場合は家族葬を選択してください。

家族葬は、ゆっくり故人とお別れができる面もメリットです。
通常の葬儀はたくさんの人が来るので、身内はもてなさなければいけません。
やることが多く忙しいので、故人とお別れをする時間がないでしょう。
身内だけであれば特にもてなす必要はないので、ゆっくりお別れを済ませてください。
家族葬は安い以外のメリットもあるのでおすすめです。

周囲の人に伝えておこう

前もって家族葬をするということを、会社の仲間や近所の人に伝えておきましょう。
その中には自分も葬儀に参列したいという人がいるかもしれませんが、身内だけでひっそりと行いたいと伝えると納得してくれると思います。
故人の遺志を尊重して、家族葬にすると伝えてください。
葬儀が終わってから伝えることは、絶対にしてはいけません。

周囲に内緒にしていたように思われるので、こちらの印象が悪くなってしまいます。
生前、故人と仲良くしていた人は、自分を呼ばなかったことに対して腹を立てるかもしれません。
前もって伝えていれば、トラブルが起こることはないでしょう。
ただでさえ忙しくなるので、余計なトラブルを起こさないよう注意してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る